<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カンボジア3

c0134035_182430.jpg


c0134035_1155148.jpg


c0134035_1111793.jpg

[PR]
by dolcissimokurobe | 2010-08-29 01:16 | La fotografia

カンボジア2

c0134035_141136.jpg


c0134035_15110.jpg


c0134035_153862.jpg

[PR]
by dolcissimokurobe | 2010-08-29 01:06 | La fotografia

カンボジア旅行

泥だらけのランニングに、浅黒い小さな肩。
少女はフェイクのシルクスカーフを売り、少年はパンをかじる。
くりっと大きな瞳をこちらにじっと向けては
ふっと去っていく。
ゆるい泥土の上に小さな裸足の跡が残る。

昼間は、観光客を乗せたトゥクトゥクが埃を巻き上げて走る川沿いの畦道は、
夜になると薮蚊が群れ、戸のない小屋という小屋に薄暗い明かりが灯る。

トゥクトゥクに揺られる私達に
臆面もなく無邪気な笑顔を見せて手を振る子供達がいる。

雨季には珍しく、晴れ間から陽が射し、
柔らかな緑が線を描く水田に青空が映りこんでいる。

この国の発展を願うばかりだ。

c0134035_22263769.jpg

[PR]
by dolcissimokurobe | 2010-08-27 22:27 | Il viaggio

2年ぶりに聴くCD

PC作業するには、音楽が絶対必要。ただしPOPSは駄目。

さて、なんの音楽にしようかな~。

部屋のCD棚を指でなぞる。

夏だし、キューバ音楽でも聴くか。
2年前イタリア(なぜか)で購入したCDだ。

大家さん家族は別荘住まいで、お気に入りのあの家を独り占めした夏。
旧市街の家には、基本的にクーラーというものはない。
焼け付くような日差しの昼間だとしても、夜になると、窓を開けただけで
心地よい風が部屋に吹き込むので、クーラーなんかいらないのだ。

広い部屋にはオレンジ色のライトが一つ。
テラス付きの大きな窓からは、夜気とともにしっとりとした暗闇が部屋の中に入り込み、
オレンジ色の明かりと、穏やかに溶け合いながら部屋の中に陰影をつくる。
夏の夜の熱っぽさが肌の上を這う感覚が好きだった。

濃いエスプレッソとミルクを、氷の入ったグラスに注ぐ。
夏の夜気のように、濃密なエスプレッソの香り。
汗のような水滴がオレンジのライトに照らされたグラスを傾けて
熱を帯びた喉に流し込むとカランと氷の音がする。
キューバ音楽をかけて、ひとりキッチンでのんびり料理をしていた。


そんな思い出に浸りたかった。




しかし、こうしてクーラーのきいた部屋でPCに向かい
同じ音楽を聴き、同じようにアイスラテを飲んでも
なんつーか、まるで別物。

キューバ音楽がしっくりくる、
あのねっとりとした香りのある夜気がここにはない。


ちょっと残念。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2010-08-19 00:28 | Il cuore

ハマってます。

仕事がノっていても、
日曜の夜は、どうしても帰らなくてはいけない。

むしろ、日曜は絶対に残業しないように土曜までに目処をつける。

だって、韓国版大河ドラマ「イ・サン」の放送日なのだもの!
http://www9.nhk.or.jp/kaigai/isan/

時間が合えば「カンブリア宮殿」「ガイアの夜明け」は観るようにしてるのだけど
基本的にテレビはあまり観ない。
ドラマにハマるのは、珍しいこと。

前回ハマったのも、やっぱり韓国大河ドラマだった。
宮廷女官から王の主治医までになった朝鮮王朝の女性の生涯を描いた
「大長吟テ・ジャングム」。
一時期散々騒いでいたので、友人達にとってはご存知の通り。
全54話をDVD録画して通算3回、つまり合計162話観たことになる。

私の大好きなジャンル、親子愛・師弟愛と純愛を織り交ぜて
生ぬるいサクセスストーリーではなく、
信念とひたむきな努力で、50話以上の描写を経て
最後の大団円を迎えるときは、本当に拍手モノ。

そのテ・ジャングムも、この「イ・サン」も、手がけたのはイ・ビョンフン監督。
彼の描く精神性は、私にとってはまさにツボ。
2大長編の歴史絵巻を通して貫く哲学、善徳・礼節・品行・尊厳が
登場人物たちの台詞にちりばめられている。

「イ・サン」で描かれる正祖(王)の王朝統治に対する言動、改革の指針は
経営にも通じているように思う。
(だからか、パパさんも毎週日曜は定席に座って一緒に鑑賞)
はっきり言って、正祖にメロメロである。
さらにさらに、脇を固める男性群も素敵!
頭脳派のホン・グギョン、人情派のパク・テス(なんと、せっきーにそっくり!)

そして忘れてはいけないのが、韓流ドラマの十八番・美しき純愛。

特にここ3話くらいが切ないのよ~~。
今夜なんて、トキメキ貧乏の私の頬に一筋の涙が・・・。
あんなに綺麗な気持ちで誰かを好きになれたら人生まっとうできる気がするわ。(独り言)

あ~、
すっかり韓流ラブストーリーに感情移入してるおばちゃんだね。


興味ある人、観てみよう!
ハマっちゃうよ♪
[PR]
by dolcissimokurobe | 2010-08-08 22:42 | Il cuore