<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

気持ちがすこしラクになった、もう一つのワケ。          (ちょっと仕事モードな静香ちゃん)

一つは、以前日記にも書いたとおり、
後継者としてのセンスがない、努力できない怠け者と勝手に自信をなくしていた自分に
本当に足りないのは勉強と経験だと気付いたこと。

そのもう一つというのは、ゴールらしきものを、ずっと先の地平線に見据えていたようで
歩く前から、その距離の長さに躊躇っていたことに気付いたことだ。

ことの発端は、今年の2月。
帰宅してから、食後の団欒の時間に、気分よく独りで赤ワインを舐めていた。
そこで、パパさんから一言。
「今年の夏には、本社に戻って来い。製造部にいってみろ」

まさかの言葉で、絶句してしまった。

もちろん、私としても本社製造部には必ず行くつもだし、行きたいと思っている。
うちの会社の一番の魅力は、やっぱり価格競争に絶対に乗らない品質の高さだ。
どれだけ手間を惜しまず製造しているかを身をもって知れば、
直営店舗や通販での販促でも、うちの強みや魅力をより深くアピールできる。
それに、私の思い違いかもしれないが、
本社の外と内とでは何らかの温度差を感じることがある。
パパさんの想いが浸透している本社でなら、と思ってしまうことが実はある。

正直に言えば、今の現場では
言葉が通じない、想いが伝わらない、まとまってくれない、決めたことが続かない。
問題が次々に浮上しても、なかなか解決できない体質。
それは、自分の計画の甘さ、気持ちの弱さ、想いの薄さが原因なのも分かっている。
納得のいかないことなんてしょっちゅうで、ぶつかることだってある。

それでも、浅草店を、見通しのいい環境、
つまり問題も課題もスタッフみんなが自ら気付く仕組みと
自己啓発的な目標と改善のサイクルをまわせる店にしたい。
こんな中途半端な状態で離れることなんて出来ない。

「今、浅草店を離れるのは嫌」
気が付いたら、涙がこぼれて、止まらなくなった。
消化できない気持ちを、赤ワインと一緒に飲み込んだ。

この涙にはパパさんも驚いて、苦笑いしていた。
そして、私の今夏の本社行きの話はなくなった。

なんとなく、後味の悪さが残った。私は自分の気持ちを押し通してしまった?

そんなとき、大学時代の友人と浅草で飲んだ。
「染谷は、そのときのパパさんの苦笑いの意味を考えた?
パパさんが考えるスピードと、染谷の成長のスピードに違いがある?」
ずばり図星をさされて、考え込んでしまった。

それから、3ヶ月。
新年度の個人目標を掲げる際に、それがきっかけで考え方を少し変えてみた。
もし、直営店で働けるのは、今年度が最後の一年になるのであれば、
この一年で、私には何が出来る?どこまで出来る?
限りある一年という時間をどう使う?
そう思ったら、出てくる出てくる目標が。
遠いゴールを目を凝らして探すより、まずは1年後という中間ゴールを目指す。
1年後に自信と達成感を持っている自分でいたい。
巡礼と同じだ。毎日必死で到着する村があって、
そんな必死の(ときどきのんびり)毎日を繰り返して、
最後にサンティアゴの大聖堂が待っている。

やることが見えてくれば、あとは実行するのみ。
当然、思い通りにことが進むとは思えないけど、
それでも諦めずに、あの手この手と打ってみる。

今期の目標は、ざっくり言うと
売上高のみではなく売上構成の内容重視、感覚的ではない分析による利益を出す店、
5年後ターゲットとする顧客層拡大のための
売上・顧客データ管理の出来るPOSシステムの計画立案。

プライベート目標は、
せっせと足を運んでくれるうちの税理士さんが支えてくれる完全補助輪(今はね)
がなくとも、PL・BS・キャッシュフローによる決算書を
自分で目で追えるまで理解できるようになること。

モノが売れるという仕組みを、世界・国内経済、企業戦略、環境、流行の流れから
考えるクセをつけるということ。(しーちゃん的視点を忘れずに。)

それと、恋!
やっぱり恋を頑張るのは向いてない。行動するのは心臓に悪い体質。
頑張っていても頑張っていなくても、ありのままの自分で
スムーズに会話が出来て、私を好きになってくれる人が現れるまでのんびり型で。



目標をこうして無事たてることが出来て、気持ちもラクになったワケ。

『努力思考だけど、無理はしない。いつも自分の歩幅で。』




座右の銘は、『去年よりちょっと素敵な私』(笑)
[PR]
by dolcissimokurobe | 2010-06-28 10:51

私以外の、誰かの巡礼

3姉妹のなかでは、レンガでおうちを建て
ヨーロッパ列車のコンパートメントでなんか眠れない!という
堅実で潔癖な妹が、スペイン巡礼に出たいと言う。

これには私も驚いた。

先日放送されたグリーンスペインの番組で
カタドラルを前に涙を流す巡礼者の姿に影響されたのか。
(私の熱のこもった体験談には影響されなかったってこと???オカシイ)

それで、今、直面してる問題が
一緒に歩くパートナーがなかなか見つからないということ。
妹の年齢になれば、友人達は仕事をしてるか、お母さんか。

巡礼でも、人生でもパートナーの存在は大きい。

私の場合、親友が巡礼に名乗りを上げてくれたことを
今では奇跡だったと思う。

歩くペースが合わないことがあって、別々になって、
一人で歩いたときの道のりの長いこと長いこと。
痛みの果てに見つけたオンターナスの村へ続く下り道も
最後のポイントのモンテドゴソの上り道でも
歩いた後の一杯を飲むときも、
一緒に喜び合える友がいるありがたさ。
そんなことを噛みしめるのも、巡礼の醍醐味の一つかもしれない。

一緒に歩くのが、気心しれた親友でなかったとしても
偶然出会った人を、手探りで知り、歩調を合わせて、
一日一日という大切な時間を共有するのもまた素晴らしいこと。

どんな巡礼にするのかは彼女次第。
準備期間も、巡礼後の私生活も全てひっくるめて
道のりは険しければ険しいほど得るものも感動も大きいはず。
まずは、巡礼という最高にHAPPYな道に惹かれた奇跡に感謝しよう。

巡礼って、「行きたい!」って思った瞬間から
道のりは既に始まってるんだよ。



姉として、妹の巡礼談を聞ける日が楽しみです。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2010-06-14 11:30 | Vita