<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

生活にスパイスを。

遊ぶとか癒すとかでは、リフレッシュは出来ても
なかなか心のスイッチまでは入らない。

人間、何か一歩成長出来たと実感できると
心と頭にスイッチが入るものではないかしら?

何か生活にスパイスを混ぜたい・・・。

長期的に成長していくものもあれば、
短期的に小さな成長を感じられるものもある。
自信なしのなし子ちゃんの自分に、少しずつでも小さな成長の実感を。


・・・・・、中国語?!

ハイハイ、分かってますよ。
去年の今頃、「ヒンディー語だ!フランス語だ!」なんてのたまっていたことを。
(いつか絶対インド巡礼はしたいから、ヒンディー語はそれまでに何とかします。(汗))


中国語は、今のお店で使おうと思えば使える。
語学の楽しさって、言葉を使って相手と繋がれたことを感じられる瞬間でしょ。
日常で使う機会があれば、きっと楽しいよね。

さて、なんで中国語かというと・・・
関口さんの影響。それも違う。


2011年の東京スカイツリーの完成。
世界一の電波塔を観に、国内外から人がやってくる。
交通アクセスのいい浅草に外国人観光客が来ないわけがない。

現在だって、神様のデパートと称される浅草寺、風雷神が守る雷門、昭和の界隈
に惹かれて、多くの外国人観光客が浅草を訪れる。
やっぱり多いのが、英語圏の人、富裕層中国人。

今は、私のヘタクソ英語で何とかしのいでいるけれど
日本食文化・漬物のプラカードに
英語・中国語・イタリア語があったら面白いだろうし、
(それまでに話せるようになってることが前提だけれど)
『(ヘタだけど)英語・イタリア語・中国語イケます』バッチなんて胸にしててもいいよね。

うちはいいもの作ってるのだから(もちろん改善・創作も忘れません)
何とかPRする方法、話題性作りがあってもいいよね。

イタリアにいる間、中国人の友達には
「静香ってほんとに中国語のセンスないよねー」とよく笑われたけど
なんの!漢字は読めるもん!漢文好きだったもん!(関係ないか)
イタリア語が英語と似ていて、とっつきやすかったように
中国語だって日本語に少しは似てるのだもの。
大問題の発音をクリアすれば、何とかなるでしょ。

さて、そうと決まれば、善は急げ。

本屋さんへ 
ぴゅーーーーー!
[PR]
by dolcissimokurobe | 2010-02-15 10:07 | Vita

美豚旅行

めったにもらえないはずの連休を、
またまた貰ってしまったので「いざ旅を!」と拳を握り締めるも

 写真撮りたいヴェトナム旅行→日数足りず×
 良縁祈願に山陰旅行→飛行機予約間に合わず×

ならば、近場で女を磨きましょう!と妹との温泉旅行に落ち着いた。

日頃のドロドロ疲れをすっかり落とそうと、スパでのんびり。
海洋深層水100%のプールで身体の血行を促して、
ボディマッサージに、全身タラソパック、
高濃度酸素ドームでアロマの香りを深呼吸。
頭のコリをクリームバスでほぐしてもらい、
ラウンジのベッドに寝転がって、ハーブティーをいただく。
会席料理ににごり酒。
海にせりだしたような大パノラマのお風呂につかって
美肌ドリンクをごくっとひと飲み。

妹と「たまにはこんな贅沢もいいもんだね」と
つるつるになったお肌をさすって、
また明日から仕事頑張るぞ~と気合を入れたのでした。

オススメです↓
赤沢温泉郷

c0134035_2321126.jpg

本文と一切関係なし。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2010-02-04 23:03 | Il viaggio

おちこぼれあととりむすめの一日

仕事好きだと思う。

悔しいことも、上手くいかなくてどんよりすることも、
達成感も、嬉しいことも、認められたいと願うことも、
ウキウキも、ワクワクも、ドロドロも、モヤモヤも
いろんな気持ちがそこにはあって、
仕事していると何だかすごく人間らしくて、好きだ。

自分の人間らしさが顕著に出てしまう仕事は
つまり自分のいいところも、わるいところも
浮き彫りにしてしまう。

『落ちこぼれ跡取り娘』から早く脱却したいからか
子供の頃からのこの負けず嫌いの性格のせいか
頑張ることで、摩擦が生まれるときがある。


「摩擦が生まれるのは、きっと仕事以外のことでじゃない?
どんなに頑張っても仕事だけのことなら摩擦は生まれないよ。
ときには誰かを頼ることや、誰かにお願いすることだって大切なこと。」
そう教えてくれたのは、3ヶ月ぶりに顔を出した写真教室のお姉さんクラスメイト。

うっ。図星。

「リラックス、リラックス。」と書いた年賀状をくれた大学時代からの友人には
どうもいつも見透かされている。

自分が未熟なせいで、いろんな人にいつも助けられてるくせに
誰かを頼る、誰かにお願いするのが
とっても苦手な私。
一緒に働く人の気持ちを察してあげられないなんて
やっぱり、落ちこぼれ跡取り娘です。

傘をかぶったお月様に、ため息まじりの白い息をふきかけてみる。

帰り道の深夜のコンビニで、
ゆるゆる写真のミニフォトブックを買った。




最近、写真撮ってないなぁ。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2010-02-03 01:22 | Vita