<   2009年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

盃に 桜ひとひら 何おもう

大学時代の友人(先輩?)が、名古屋から遊びにきた。
いつも仕事にプライベートに忙しくしている友人にも会うことが出来て
久しぶりにみんなが集まり、浅草で飲んだ。

友達と飲むお酒は楽しくて美味しくて、
大して飲めもしないのに、次々お酒を口に運ぶ。
日本帰国後、つまり、この頃
「ニホンシュ」という新たなジャンルへも果敢に挑戦している私。
飲み口が良くて、すーっと飲めて、すぐ酔っ払ってしまう。

大好きな友人達との美味しいお酒、とめどない笑い話。

みんなと別れて、すっかりいい気分で帰路につく。

地元の駅でタクシーを拾ったのだけれど、
どうやらその運転手さんもお喋り好きだった。

ハンドルを握りながら
「桜の花が盛りを迎えて、淡い色の桜の花びらがひらひらと風に舞い
掌中の盃の酒の上に一ひら浮かぶ様子ときたら・・・」と、
もうすぐそこまで来ているのに花の蕾を開かせず私達をじらせて楽しんでいる春を
心から愛しむように語ってくれた。

私は、こういう日本人の四季を愛でる習慣と季節を美しく詠う感覚が大好きだ。

美味しかったお酒が、さらに身体の隅々まで浸透して
重たい瞼を閉じると、今聞いたばかりの情景が私の瞳の中にも映り、
春の風がそよいだように、幸せな余韻が心に残る。

春が待ち遠しい。
満開の桜が待ち遠しい。


翌朝、出勤するのでダウンに袖を通すと
昨夜のもんじゃ焼き臭いは、
はしごした喫茶店で食べたパフェのチョコソースがところどころに付着してるはで、
春爛漫でうっとりする場合ではなかった。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-03-31 00:18 | Vita

薄紅の春の香り

c0134035_0565131.jpg

日本において好きなものと聞かれたら
指折りするもののうちに、必ず「桜」が入る。

陽光が透けるくらいの柔らかい薄紅色で包み込んで
その下を歩く人の心をほぐしてくれる。
桜の咲くころは、ものの節目が訪れる季節だから
桜の下を歩くと、それぞれが思い思いに
過去の思い出を回想したり、未来に思いを馳せたりする。
日本人にとって、桜は特別な花だ。

3年ぶりに再会したあの人にも、日本の桜をみせてあげたくて
気温がまた冬に逆戻りしてしまった東京でも
唯一満開の桜が見られる駒込の六義園に出かけることにした。

差し伸べてくれた手をみて
「この頃ちょっと強がりすぎてたかな。」と
その手をとって、握り返してみる。

これも桜のおかげかな?



次にまた会えるのは1年後か
それとも、これが最後なのか。

・・・そういうことを考えるのはやめにしよう。
c0134035_059039.jpg

[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-03-27 01:00 | Vita

多国籍ごったがえしBBQパーティー

まだ一度しか会ったことのないマッテオが
「BBQパーティーするからおいでよ!」とイタリア人らしく気軽に誘ってくれた。
他に誰が来るのかも知らないまま、さくら風味のケーキと梅酒を持って
彼の住むゲストハウスへ。

初めはみんな距離を保ちながら、
焼き始めた肉を遠慮がちに口に運んだりしていたのだけど
パーティーが始まって1時間もすると、来るわ来るわ人の波が。
イタリア人、オーストラリア人、スペイン人、トルコ人、アメリカ人、日本人etc,etc...
その数、総勢50人。

しかも、その大部分が今回のパーティーで初対面だから驚いた。

でもみんな初対面とか全然気にせず、気さくによく話しかけてくれる。
スペイン人とイタリア語で喋って
イタリア人と日本語で喋って
オーストラリア人と英語で喋る。

お酒が頭にまわってくると、
もはや自分が何語で何を喋ってるのか分からなくなってくる。

実はちょっと恥ずかしがり屋な部分も(ほんとにちょっとね)ある私だけど
あの多国籍の渦に飲み込まれて楽しかったなー。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-03-20 14:39 | Vita

神楽坂散歩

渡伊前に通っていた語学学校のすぐ近くだったにも関らず
地下鉄駅で下車したことが一度もなかった神楽坂は、
京都に似てしっとりとした雰囲気漂う花街。

昼間からカメラを下げてのんびり散歩したけれど
あそこは日が落ちてからの方がいいね。

なんとなくさらっと散歩してしまったけれど、
1軒ちょっと通い続けたくなるような喫茶店を見つけたのが
唯一の収穫かな。

小洒落たCafeもいいけど、一人で行くならこんな喫茶店の方がずっといい。

いかにも頑固そうなエプロン姿のマスターが寡黙に珈琲を淹れてくれ、
私達の他にいるのは、読書に耽るおじさんや、
こんもり盛られたウィンナーコーヒーの生クリームを舐めるスーツ姿のサラリーマンくらい。

こんな喫茶店に、一行一行を味わうような本を持ってきて
珈琲の香りの中で午後の時間をゆっくりと過ごしたい。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-03-17 14:10 | Vita

Sorpresa

毎日うらうらと平穏に、悲しむこともなく怒ることもなく
まるでイタリアにいたときのように
頭の中がお花畑でいっぱいの私。

ところが、
驚きは忘れたころにやってくるのだ明智君。

さぁ~て寝る前にメールでもチェックするかと
メールボックスを開けると、意外な人からのメールが。

「いつかまた会おうね。持ち主に返すときっといいことがあるから。」と
1セント硬貨を渡されたのが3年前の東京。

その人が東京に来るらしい。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-03-12 22:42 | Vita

ん~。

あ、タイトル意味ないです。
やっぱり、身体に手をかけるのも悪くないですね。
なんかリラックスした一日。

ちょっとここのところ睡眠不足で、
(あくまでも私にしてはですよ。
染谷家はみんな8時間寝ないと死んでしまう家系なもので)
出勤15分前に飛び起きて、寝ぼけ眼のまま家を飛び出していくっていうのを
繰り返してました。

結局、昨日もベッドに潜り込んで電卓をパチパチ叩きながら、
簿記学校の宿題をやってる間に眠ってしまいました。
だから朝、行きのバスの中で電卓はじく羽目になったんですけど。

ん~こりゃいかんと、今日の午後はリラックスコース。
真昼間からお風呂に入って、ゴマージュで身体磨いて、クリームでマッサージ。
顔もスクラブマッサージして、お風呂上りにパック。
ペディキュア塗って、マッサージ器のお世話になって、
ちょっとはキレイになったかな?
下着も新調したし、今年はなんとか、いや、何が何でも女子力の低下を防がなければ!

仕事再開から早1ヶ月、だんだん身体も慣れてきましたね。
そろそろ仕事後も足を延ばしたりしようかな、と。

先週末の仕事の後、イタリア文化会館のお友達のパーティーにお招きいただき
懐かしいみなさんの顔を見ることが出来て本当に嬉しかった。
私の大好きなイタリアだから、イタリアに関する話題が後をたたない会話が嬉しいし
みなさん人生を楽しむ人たちばかりだから、いつも私に元気をくれる。

仕事って、人間を鍛える人生のなかでも大切な要素だけど
やっぱり仕事以外でも、自分の好奇心と新しい世界を広げることが同じくらい大切。
私には、こうやって今まで出会ってきた人たちと過ごす時間が
一番のリラックスだし、笑顔でお肌もツルツルにしてくれるのよね。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-03-10 19:14 | Vita

たべものしゃしん

職場で「写真好きです」なんて吹聴してたら
「じゃあ今度の販促の写真、お願いね」と話がまわってきた。
今朝、さっそく商品をパシパシ撮ってたんだけど
そもそも写真の基礎もセンスも分かってないもんだから
たまに、まぐれで気に入るような写真を撮れるのと違って
今回みたいに緻密な計算を要する食品の写真は、私にとって難しい。

「写真好き」なんて言ってしまった以上
少しでもマシな写真を撮らなければならない。

この滑るような口を呪いたくなるときがたまにある。

c0134035_014938.jpg



今から、簿記の宿題やるのヤダなー。
ふかふかのおふとんが「しーちゃん」て呼んでるよ。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-03-10 00:16 | La fotografia

えいご

『人種のるつぼ』、はちょっと言いすぎだけど
浅草店には、老いも若きも、ご夫婦もカップルも、友人も同僚もホームレスまでも
そしてお国柄も実にさまざまな方が来店する。
英語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、中国語、韓国語
そして待ってましたのイタリア語・・・・と思いきやイタリア人は店の前を通過、と。

こうした土地柄、やっぱり英語で説明しなくちゃいけないわけで。

イタリアにいる間、私の英語力は相当ヒドかったけど
日本に帰国したら、悲しいかな今度はイタリア語が記憶の端から
ポロポロこぼれ落ちていていき、
その反対にある、もう枯渇して埋め立てていた古い井戸から
英語の水がチョロチョロとまた湧きはじめた感じ。
イタリア語をまた真剣に始めたらきっと、
戻ってきた英語がまた引っ込むのだろうけど。

もうずっと前。イタリア語を始める前は、英語で話すのが本当は好きだった。
必須語学だからではなく、ネイティヴの口マネをして発音するのが好きだったのだ。
かっこよく発音できると、実に気持ちがいいんだもの。はっきり言って快感。

今日は、ハワイ在住のアジア系のご夫婦と
ポルトガルの三人娘がやってきて何とか貧困な英語で対応。
もっとちゃんと話せてちゃんと説明できたら、と歯がゆい気持ちはあるけど、
どうやら楽しい買い物してもらえたらしく、笑顔で「ありがとう」と言われると
おなかの中からムクムクと嬉しい気持ちが湧き上がるのが分かる。

お互いが気持ちよくて、それで自分も嬉しくなれるなら
やっぱり英語もいいなって思ってしまう。

ポルトガル3人娘。
どうやらお味噌汁を作って、漬物をつつき、和食スタイルを楽しみたいらしい。
大根の漬物を味噌汁に入れるのかと聞くから、慌てて止めた。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-03-04 22:42 | Vita

好きこそものの上手なれ?!

「好き」だけで上手くなれたら天才である。
(そもそも天才なんているのかな?)
世の中そんなに甘くないのである。
もちろん「好き」の気持ちは必須要素だけど
それだけじゃもちろん上手にはならない。

好きだからこそ、ものすごい集中力で取り組んで
ああしてみようだの、やれこうしてみようだの
時間も手間も惜しまずに、全エネルギーを注ぎ込めるのだと思う。
そして、多くの試みと、多くの失敗。それでも、めげずに改善をはかる。
そうした経験と情熱こそが、やがて独自の勘を研ぎ澄まして
センスを磨き、やがて確立した己の手法をもって、
身体から生まれるエネルギーを具現化していくような気がする。

この頃、この手の話を耳にする。

写真の雑誌をパラパラとめくれば
「写真の場合、量のない質はありえない。」という写真家の言葉。
(つまり、上手くなりたきゃ撮りまくれ)

音楽的才能ゼロの私にとって、作曲なんてまさに神業。
でも、関口知宏さんに言わせれば
「凡人の僕でも作曲できるようになったのは音楽への執念と情熱です。」
執念を貫けば作曲もできるものなのかしら?と半信半疑の私に
先日鎌倉に一緒に出かけた心裕くんも、やっぱり執念だと言う。

そして我がパパさんは、料理人でも研究者でもないのに
今では他のメーカーさんも何とかして聞き出したいマル秘の製法を
数々編み出しているのだけど
その開発のためにかける試作の回数は半端じゃないし、
詳細な研究過程記録は脱帽もの。
また、商いをする以上、取引先の経営状況も見通す目が必要なのだけど
これも経験から養われるものと言う。

何かを上手になりたい、何かが出来るようになりたいと思うなら
「好きなんだけど、なかなか時間がとれなくて」など言い訳してる暇はなく
勘とセンスを磨くために、ひたすら試作、失敗、改良の繰り返しを続けるしかないようだ。


今回納得の出来ではなかったけれど
「今日の失敗は明日の成功」と思って、まずは№.100までは頑張ろうかな。

            №.4
c0134035_233932.jpg



簿記学校一日目終了。
始めはやっぱり楽しいね。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-03-03 23:04 | L'album da disegno