<   2009年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

ともだち

いまさら言うことでもないのかもしれないけど、
歳を重ねるたびに、「友達っていいなぁ」とつくづく。

言語とか、国籍とか、性別とか、年齢とか、
そういう所謂カテゴリとは何の関係なしに
相手と心が通じ合うこと。

自分の気持ちが通じたとき
相手の気持ちが通じたとき
何ていうか、言葉にならない嬉しさがある。

出会う喜びが大きいから、子供の頃から
人見知りってしないんだよね。

新しいことを始めれば、新しい世界が待っていて、
自分を磨いて一段高みに上がると、素晴らしい友達とまた出会える。

一人で過ごすのが苦手なわけでもなく、
無理に連帯感を持ってるわけでもない。
向き合ったときに、一人の人として大きな魅力があるから。
離れていても、なかなか会えなくても、友の代わりになる人は絶対にいない。

せっかく出会っても、人見知りなんかしてたら勿体無い。
やっと出会えたんだもの。


カタリーナとの出会いもそういうものだった。




クラクフで1年2ヶ月ぶりの再会。
私に街案内するため、イタリア語で事前準備していてくれたそう。ありがとう。

c0134035_16543793.jpg


雪に書いた二人の名前。
c0134035_16555244.jpg


おにいちゃんと一緒にクラクフ駅まで見送りに来てくれた。
鉄道のステップから二人を撮った。だって、そうでもしないと涙が止まらないんだもの。
またすぐ会えますように・・・。
c0134035_1658290.jpg

[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-01-31 16:58 | Il cuore

Natale Europeo2

まず、ウィーン。
グリューワインとケーゼブルスト(チーズとろ~りソーセージ)が最高です!
c0134035_161156.jpg


おつぎ、プラハ。ここでも、グリューワイン。と、グヤーシュ(パプリカ入りスープ)。
スパイス入りのホットワインなので、身体の中からポカポカです。
c0134035_16133678.jpg



最後に、クラクフでのクリスマスコンサート。曲はショパン。
演奏者は目の見えない方のようでした。
c0134035_16163961.jpg

[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-01-31 16:16 | La fotografia

Natale Europeo

足の生えたビール。(立ち位置もっと合わせればよかったな)
c0134035_1632627.jpg


ママのお買物は、なが~い。
c0134035_1644932.jpg


ぼくにも!
c0134035_167769.jpg

[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-01-31 16:08 | La fotografia

白黒写真館2

c0134035_15183743.jpg


c0134035_1519013.jpg


c0134035_15193934.jpg

[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-01-31 15:21 | La fotografia

白黒写真館

もう今更載せるのやめようかなと思いつつ、
やっぱり最後に載せて締めくくりたいと思います。。

計画した後「本当にこんなに旅行していいのかな」と思ったこともあったけれど
結果、ヨーロッパのクリスマスを思いっきり満喫出来たので、
旅行して正解でした。


どうみてもアジア人である私がクリスマスミサ参加していても、誰も怪訝そうに見ない。
一緒に賛美歌を歌って、隣席のみんなと笑顔で握手を交わして。
ミサの間、蝋燭の香りが漂う静まり返った広い聖堂内に
隣の人と肩寄せ合ってると、家族や友人のことを思ってる自分に気づく。

思いを馳せる人がいるところから、自分が離れた場所にいるからなのか、
時が経ってもめまぐるしく目の前のものが変化しない
ゆっくりと時間が流れる、この豊かな大地の上に立っているからなのか、
このクリスマスといい、自分の誕生日といい、
今まで自分に繋がってくれた全ての人を思いだすことが、
何故だか本当に多かった。

一流レストランで食事することよりも、豪華なプレゼントをもらうことよりも、
ずっとずっと豊かな気持ちになれる、静かで厳かなヨーロッパのクリスマスが好き。


毎日忙しさに追われていても
ふと立ち止まって、誰かを思い出す時間が持てたらいいなって思います。


c0134035_15135617.jpg


c0134035_15142385.jpg


c0134035_15143827.jpg

[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-01-31 15:17 | La fotografia

やったど!

やっぱり5年前に購入したパソコンのメモリじゃ全然足らないのね~。
ってことで、結論。
増設メモリを取り付けました。

電気屋さんでも出張サービスをすすめられ、
帰宅してVaioの取説で「メモリ増設」項目を読んだり、
ネットでVaioカスタマーリンクを調べても、
「必ず専門家に依頼してください」とのことで、手順書はあえて公開しないのだそう。

ならば!

ドライバー片手に、Vaioちゃんの脳みそ開けました!

何だか触っちゃいけない感たっぷり。
しかし、ひるむな、しーちゃん。

もう一台のPCも起動させて、私のPC型番の脳みそ図面をネットで検索して
横目で確認しながら、取り付け作業完了。

意外に簡単でした。

とういうことで、これから巡礼日記ショートムービー、
ばんばん焼きます。え?いらない?
[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-01-30 23:59 | Vita

かじりつき

ここ最近、パソコンにかじりついてるなぁ。

ものすごい眼精疲労と肩こり。
やめればいいのに、離れられない・・・。

何を作っていたかと言うと、スペイン巡礼日記のショートムービー。

ブログで日記もまとめたし、写真も幾つか載せたことだし、
自分の中では整理したはずの思い出が、
母とのお喋りの中で、「もうちょっと肉付けするか」という変な気を起こしてしまった。

以前、かなちゃんから本格的なムービーが作れる編集ソフトをもらっていたのだけど
パソコンを整理するにあたって、過剰ソフトを全て削除してしまっていたので
「まぁ、ものは試し」と、仕方なしに備付の編集ソフトを使用することにした。

凝り性なので、一度ものづくりにハマりこむと、なかなか抜け出せない性質の私。
長引くといけないと、今回は2日間で(無理やり)作成した。

巡礼中に撮影した写真の中から200点ちかくを選び、
私とあやちゃんの日記から幾文か抜粋し、
リアリティが出るよう写真に合わせて、サブタイトルとして添付。
「巡礼の写真ときたら、ガリシア音楽でしょ!」と
スペインで購入したCDを挿入。あらら、これがよく合うんだな。

まさに、自己満足の粋の粋を集結させた作品になった。(と、思う)
きっと、私とあやちゃんにしかウケないだろう。

所謂面倒くさい作業が、実は子供の頃から大好きなのである。
(工作、彫刻、編み物、裁縫は特に好き!)
こんな調子で、パソコンの前に平気で12,3時間は居座ってしまう。

作成には2日間を要しただけなのに、問題はこの後だった。
ディスクに焼けない。

普段から割りと整理してるはずのパソコンのメモリがどうにも足らなくて、
仮想メモリ最小値を何度も変更したり
メモリ内のデータをディスクに書き出したり、
今回のムービーの材料写真の容量を縮小したり、
もうとにかくあれこれやってみたけど、なかなかディスク保存が出来ない。

7枚の失敗作を出して、やっと解決の糸口を掴んだので
明日新しい空きディスクを買いに行って、今度こそこの作業に終止符を打ちたい。

もう目が痛い、肩が痛いんだもの。

そして、メモリの大きい新しいパソコンが欲しい・・・。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-01-30 00:54 | Vita

気持ちもあらたに。

来週から、いよいよ仕事始め。
経済が低迷するこの時期に、こうしてまた働かせてもらえるのは本当に有難いこと。

表には出さないけれど、いつも大変な立場にあると
子供の頃からその背中を見てきた。
私のわがままな願いだった留学を応援してくれたことだけでなく、
今までもずっと大切なことを気付かせ、教えてきてくれた
父への感謝の気持ちを仕事と心で返したい。

力不足の私だから、きっと少しずつになるだろうけれど。

そして、私が一番尊敬する人だから、
その生き方を、大切なものを守るすべを、アイデアを
娘として知りたいと思う。
恥ずかしくてそんなこと父には言えないけれど
つまりは、そういう気持ちでイタリアから帰ったきた。

イタリアで、まこさんから教えてもらった
「やったことないことはやればいいだけのことだし
 知らないことは知ればいいだけのこと」という言葉。

歩みを止めそうになったら、この言葉を思い出して頑張ろうっと。



ってことで、いつか経理を引き継ぐため、簿記から始めることになりました。うふ。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-01-27 11:41 | Vita

成長

帰国後の友人達との再会は、
イタリアから離れてしまった寂しさを受け止めようと思うくらい
とってもとっても嬉しいこと。

みんなに会うと、
「本当にイタリアに1年も行ってたのかな?
 私、ずっとここにいたんじゃないのかな?」
と思ってしまう。

みんな変わらないし、私も変わってない。
変わらずにみんなで笑って、変わらずにみんなでいることが幸せ。


でも、確実に友人達の子供が成長している。
すっかり女の子らしくなってたり、
お喋りも上手になって、愛嬌まで見せてくれる。

私の友人にそっくりの可愛い笑顔を、こちらに向けてくれると
こちらも顔がほころんでしまう。

彼女達の5年後が楽しみだし
想像のつかない自分の5年後も楽しみだったりする。

どうか私も成長してますように。



追記・そうそう、埼玉県にも「郷土かるた」があってびっくりした。
    ペルージャでは完全に群馬県民におされてたから。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-01-27 11:07 | Vita

ザッハトルテ

c0134035_18481513.jpg

クリスマスケーキの代わりに、ザッハトルテ。
甘すぎないのに、しっかりチョコの香りを楽しめます。
HotelSacherのサロンで、この濃厚なトルテを
一人でゆっくり味わうのも贅沢ですね。

c0134035_1848421.jpg
[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-01-21 18:48 | I piatti buoni