<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

春雪

私の部屋の大きい窓の向こう。
仄暗く広い空を、真っ白な雪が舞う。
日本で言うと5階にあたる私の部屋。
窓の外の視界を遮るものはなく、ふっくらと大きな粒の雪が灰色の空に描く
幻想的なシーン。3月の終わりだと言うのに、今日の天気は大雪。

間もなく期末試験期間が始まるので、机に向かって
現代イタリア文学の試験範囲をぼんやりと眺める。
真面目に先生の講義を聞くことのなかった授業だったけれど
今は、この文学作品が描写する
「人間の生の循環」と「生の基盤となる母の存在」と
昨日起きた悲しい出来事とが、心の中でピタリと重なり合う。
ゆらゆらと踊り、空に留まろうとするものもいれば、
風に押されて急ぐようにして落ちていくものもいる、
引き合う様に寄り添って、接合した部分が溶け合い、
また最後まで独りで落ちていくものもいる、
窓の外を舞い散る儚いような雪の一生を見ていたら
言葉にならない程の悲しい気持ちで一杯になって、机の上でうずくまってしまった。

一緒に住んでいるイタリア人家族のおばあちゃんの急死。

肺炎だと分かって入院してから、ほんの10日。
あっという間の死だった。私の大家さんは、そのおばあちゃんの娘さんにあたる。
実母の突然の死を受け止めるには、10日は早過ぎる。
だって、2週間前まで、おばあちゃんは、キッチンで料理の腕をふるって
いたのだもの。私だって、信じられない。

毎朝学校に行くとき、「今日は寒いから、ちゃんと暖かくしていきなさい」と
暖かい両手でしっかりと、いつも冷たい私の手をじんわり温めてくれた
おばあちゃん。
間もなく日本から届くお汁粉を、おばあちゃんにも食べてもらいたかった。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2008-03-20 20:24 | La vita in Italia

花のレース

住み込みで働いているルーマニア人のヴィオレッタさん。
単身でイタリアで働き、祖国の家族に送金しているそうです。
きっと家族に会いたいことでしょう。

出来たばかりのお手製の花模様のレース編みを
私にプレゼントしてくれました。
彼女に、何を贈ったら喜んでもらえるでしょうか?

c0134035_22321556.jpg
[PR]
by dolcissimokurobe | 2008-03-03 22:32 | Le cose belle

しーちゃん

「しーちゃん」と私を呼ぶ友達ができました。
昔、大好きだった人に何度もこう呼ばれました。

人懐っこくニコニコと爽やかな笑顔で「しーちゃん」と呼ぶたびに
私がドキッとすることを彼は知らないでしょう。

c0134035_2384774.jpg
[PR]
by dolcissimokurobe | 2008-03-03 22:20 | La vita in Italia

ご無沙汰してました。
ペルージャの至るところで、春の訪れを感じます。

今日は午前中の授業をお休みして、少し離れたスーパーまでお買物。
買ったばかりのスプリングコートを着て、春の気温を感じるのが心地いい陽気。
いつも通る並木道のうち、数本の木が桜だったことを今日知りました。
私の好きな桜、私の好きなイタリアの空、私の好きな春のそよ風。
こんな瞬間は、理由なしに胸が一杯になります。言葉にならない幸福感。
こんな日は、大好きなイタリアで、こうして飾りっ気なく日常を過ごせる幸福を
与えてくれた人に、物に、全てに感謝したくなります。

浸りながら歩いてると、改築現場で働いているおじさんが、
「Dove stai andando? どこ行くの?」と声を掛けてくれます。
「Al supermercato. Fioriscono i ciglieggi. E`bello,no? Buon lavoro!
 スーパーに行くの。桜が咲いてるの、素敵じゃない?お仕事頑張ってね」
と、私も上機嫌に返事。
こんな簡単なやりとりでさえ、さらに足取りを軽くさせる。

日本はまだ寒いですか?



c0134035_230490.jpg
[PR]
by dolcissimokurobe | 2008-03-03 22:13 | La vita in Italia