<   2007年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

親愛なるカタリーナ

c0134035_2036885.jpg

























今日、カタリーナは朝早く起きて、
ミラノで働いている同朋の幼馴染(恋人の手前らしい)に会いに行きました。
帰ってくるのは明日の夜遅く。
カタリーナと一緒に過ごせるのもあと3日です。
日に日に、彼女との別れの寂しさが増してきました。

イタリア入りして家を探すまでと泊まっていたユースホステルの部屋で
彼女に出会いました。
翌日、一緒に大学へ行き入学手続きをして、テストを受けて、
その後の家探しも一緒。
まだ1日しか一緒に過ごしていない女の子と、お互いが1ヶ月の同居を
勢いで決めてしまいましたが、今では彼女に出会えた偶然に本当に感謝してます。

ポーランド出身の彼女は、若さも十分でいつも元気いっぱい。
ノリも良くて行動派だけれど、いつも夜中まで勉強している努力家です。
毎晩、交代で晩御飯を作って、二人のお気に入りのフラゴリーノを飲んで
甘いお菓子をつまみながら、遅くまでおしゃべりして。
時には、裏の公園へパソコンとワインを持ち出して、
歌を歌ったり、ブランコこいだりもしました。
水曜、木曜は大学主催のコンサートに出かけて、金曜は我が家でミニパーティー。
土曜は二人で小旅行して、日曜はのんびりスケッチしたり、Centroに出かけて
カプチーノ飲んで、大聖堂横の大階段に座って日向ぼっこ。
本当に思い出が尽きません。

二人とも、イタリア語は同レベル。
言いたいことを上手く表現できなくて、もどかしいときも沢山あったけど
不思議と彼女の言おうとしていることはよく分かるし
彼女もまた私の言いたいことはよく分かるみたいです。
言葉に出さなくても、テレパシーで通じるときも。
ジェラート食べたい時とかね(笑)
二人とも絵が好きで、お互いの一番好きな画家も共通でヴァン・ゴッホ。
イタリア人の頑固さと柔軟さを尊敬してるし、優しい写真を一緒に見て涙しちゃうことも。
つたないイタリア語を駆使して、この1ヶ月間二人でいろんな話をしました。

気の合う友を見つけるのは、母国にいたって難しいのに
こうして外国で、しかも留学初日で出会ってしまうなんて
神様に感謝せずにはいられません。

昨夜、ベッドに潜り込んで、二人で1ヶ月の思い出を振りかえりながら
「カタリーナに出会えたこと、神様からのプレゼントだと思ってるのよ」
と言ったら、「私も同じ気持ち!」とカタリーナも笑顔で返してくれました。

大分年下だけど、風邪を引いたときはお母さんのように、
出かけるときや買い物のときは彼氏のように、
彼女から優しさをいっぱい貰いました。


「このDolceは危険すぎる!」なんて言いながら、
チョコチップクッキーにマスカルポーネをたっぷり乗せて
二人で、止め処なくほおばった夜。
カタリーナと過ごす夜はいつも特別です。

c0134035_20364538.jpg
[PR]
by dolcissimokurobe | 2007-10-28 20:29 | La gente

イタリア写真

c0134035_19525819.jpg

























「静香は、年配の人を撮るのが好きよね。
でも、私も今はそれがよく分かるの。」
と、カタリーナに言われました。

年齢を重ねた人は、若い人がまだ持てない優しくて穏やかな空気を持っているから。
この空気はお金で買うものでも、ある時を境に突然身につくものでもなく。
長い時間をゆっくり掛けて、楽しかったことも悲しかったことも経験の全てが熟成して
身体からじわじわと染み出してくるものだから。

さすがに学校に毎日カメラを持っていくことは出来ないけど
放課後のお出かけや週末はいつもカメラと一緒。
技術も知識も経験もゼロに等しいけど、自分でもお気に入りの一枚が撮れた時は
自分だけの宝物を見つけたみたいで、すごく嬉しい。

友人がよく私に言う。
「いつも肌身離さずカメラを持っていた方がいいよ。」
この頃、この言葉の意味をよく痛感します。
お気に入りの一枚が撮れた時は、いつも偶然で
たまたま素敵な場面に遭遇できたから。
神様からのプレゼントみたいなもの。
そして、この瞬間は本当に一瞬で、カメラの操作にもたもたしてると
奇跡のような一瞬は、あっという間に変化してしまう。
だから、いつでもシャッターを切れるようにしていなくちゃいけないのね。

イタリアに来てから、他人の魅力や美点を探すみたいに、
カメラを向けながら、この人の魅力って何だろう、この物の魅力って何だろう
私はこの人たち、この物たちの魅力の気づくべき部分はどこか、それから
どんな風にその魅力を写真に残すべきなんだろうって考えるようになりました。
つまり、カメラを向けるって、相手の魅力を自分なりの視点で見つける、
ということで、「人を知る、物を知る」これってとっても素敵なことですよね。

イタリアにいられるのはわずか1年3ヶ月で
しかも、目の前の奇跡のような光景は、まさに一瞬なんだもの。

自分の目を通して気づいたものに感動したら、
たっぷりの愛情をもって、残してあげたい。
そんな優しい気持ちが写真には必要なのかな。

c0134035_19533635.jpg


























この後、このグループに波止場で会いました。
ミラノから、友人の誕生祝を兼ねて、仲良しメンバーで旅行してるとのこと。
3年前の一人旅では、こんな風にイタリア人と旅先でイタリア語で会話できることは
なかったから、とっても嬉しい。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2007-10-27 23:57 | La fotografia

Lago di Trasimeno

c0134035_1911512.jpg














日曜日、カタリーナと近くの湖Trasimenoにスケッチブックを持って出かけました。
Perugiaからはバスで1時間ちょっとのところにあります。
きっと夏は、湖に浮かぶ島への船も出て、観光客で賑わうのでしょうが
この季節は、ほとんど観光客もおらず、湖畔には愛を語り合う恋人たちや
自然と遊ぶためにやってきた家族連れや、のんびりとお散歩を楽しむ高齢の方達が
深まった秋をゆっくり味わっていました。

波止場の先に腰かけ、カタリーナと二人で湖畔の景色をもくもくとスケッチ。
途中、イタリア人の旅行グループが来て、おしゃべりして
またスケッチ再開。
背中にあたるお日様の暖かい陽が心地よく、湖の水面がきらきら輝いて
二人のスケッチするサラサラという音だけが聞こえてきます。

c0134035_1915758.jpg
[PR]
by dolcissimokurobe | 2007-10-27 22:49 | L'album da disegno

カタリーナの送別会

Perugina工場見学が終わり帰宅。
腕まくりして、エプロン掛けて、今夜のカタリーナの送別会の準備開始。
今夜は、私がイタリア料理(なんちゃって)担当
ヤコブが中華料理担当で、お互いが4皿ずつ披露。

レシピなんてないけどオリジナルで鶏肉のトマト煮込みと
モルタデッラのサラダ、きのこ入チーズリゾット(私の十八番)
フルーツとバニラムースをはさんだ、チョコレートケーキを作りました。
中でも、かなり適当に作った鶏肉のトマト煮込みは
我ながら会心の出来栄え。3時間煮込んだから
野菜も肉もトロトロになって、フォンドボーのようなコクが出て美味でした♪
(あれ?自画自賛?)

でも何より、カタリーナが喜んでくれたから嬉しい!
ケーキに、とにかく喜んでくれました。

今夜のパーティーは実にInternazionale!
ポーランド、ドイツ、韓国、中国、日本の国籍で、基本はイタリア語だけど、
ドイツ語あり、ポーランド語あり、英語あり、韓国語あり、日本語ありで
まぁ、みんなよく喋る。
前日、夜中の2時まで仕込みをしたから疲れていたのか、
大好きなサングリアとフラゴリーノ(イチゴのスパークリングワイン、大好き!!)
を勢いよく飲んだからか、
今夜はあっという間に酔いがまわって、途中から記憶が途絶える・・・。
カタリーナに連れられて、自分の部屋でZZZZZZZZ・・・・。
眠っちゃったよ~~~~~!もっとみんなと一緒にいたかったのにぃ~。

でも、次の日の朝、カタリーナが
「昨日のパーティー、本当に嬉しかったし、とっても幸せ♪」と言ってくれたので
私もとっても満足です♪
[PR]
by dolcissimokurobe | 2007-10-26 23:33 | Le cose belle

Cioccolato d'amore

文化概観と演習の授業担当のMarica先生が
授業の一環として、Peruginaの工場見学ツアーを企画してくれました。
Peruginaと言うと「?」と言う方も多いと思います。
Peruginaとは、イタリア屈指のチョコレート菓子Baciを製造している会社です。
昨今、本社は本国にあれど、製造は外国に委託している食品メーカーが多い中、
このPeruginaは全てイタリア内の工場で商品を製造しています。

さてさて、「Baci」ならご存知でしょう。
イタリア旅行をしたことがある方は、きっとイタリアのいたる空港で
箱詰めで販売されているこのチョコレートを一度は見たことがあると思います。
一口サイズの小さいDolceで、下層がプラリネ、上層にちょこんとナッツが乗っていて
チョコレートでコーティングされています。
昔読んだ本で、イタリア男性は、バレンタインに女性にプレゼントを渡すとき
可愛い小物や下着に、このBaciを添えるみたいですよ♪
なんてロマンチック♪♪

このBaciと言う名前、イタリア語で「Kiss」の意味があります。
「Baci」は複数形で、単数だと「Bacio」です。
この商品が誕生したときは、その形状から「Pugno chiuso」(げんこつ)
なんて名前がついていたそうですが
数十年前に名前が変わりました。
菓子店にチコレートを買いに来た男性が、女性の店員に注文するとき
「Signorina, Cazzotto, per favore」
(お嬢さん、げんこつ(パンチ)下さい)
これではあまりにロマンがなさ過ぎるので、名前を「Bacio」に変えたという
エピソードがあります。
確かに「お嬢さん、キスを下さい」と言うほうが素敵ですよね。
こんなやりとりも、実にイタリアらしい。

さらに、工場見学では、誕生秘話だけでなく過去から現在のCMも見せてもらいました。
CMもイタリアらしくユーモアたっぷりで洒落ていて面白かったですよ。
ギャラリーには、シリアルナンバーの入った、初期のBaciを包んでいた紙が
額に入れられて展示されていました。
そこには、女性がにんまり微笑んでしまいそうな、愛の告白のための一言が
一つ一つに書かれていました。

誰か、私に愛の詰まったチョコレートをPer favore!!c0134035_18464795.jpg
[PR]
by dolcissimokurobe | 2007-10-26 13:21 | Il viaggio

Gubbioのローマ遺跡

c0134035_4351899.jpg
[PR]
by dolcissimokurobe | 2007-10-21 23:58 | La fotografia

年月は、陶器とともに。

c0134035_433092.jpg
[PR]
by dolcissimokurobe | 2007-10-21 23:57 | La fotografia

Totus Tuus ~Tutto Tuo~

c0134035_4171417.jpg















Totus Tuus ~私の全てがあなたのもの、あなたのためにある~
                          ―ヨハネ・パウロ2世―
(私はラテン語が分からないので、クリスチャンのカタリーナが解釈してくれました)


さてさて、Gubbioの話にはまだ続きがあります。
と言うより、私が一番印象に残ったものが他にあるんです。
それがここGubbioで一ヶ月間臨時開催される写真展、「TotusTuus」でした。
街のインフォメーションでたまたま見つけた、写真展の広告。
私は写真が見たかったから、カタリーナは前ローマ法王ヨハネ・パウロ2世を偲ぶため、
とお互い動機は少し違っていたけれど、写真展に行くことで意見が完全一致。

宮殿を利用した広い会場には100点以上の写真が展示されていて、
写真はGiancarlo Giuliani、Paulo Coccoの二人によるもの。
説教するため、平和を伝えるため、人々に安らぎと救いを与えるために
世界中を訪れた法王の写真。
宗教会議の場面、システィーナ礼拝堂を進む場面、暗殺を試みた青年と対話する場面、
南米の原住民に伝統舞踊で迎えられる場面、子供を慈しむ場面、
平和を切に願えども宗教間の相互理解の難しさを憂いているのか
頭を重く垂れている場面。
それでも、どの場面でもその眼差しはこの世の中には二つと存在しないようなくらいの
深い慈愛に満ちた優しさを湛えていました。法王の訪問に涙を流して感動する人々。
そういう人々達もまた、我が子を愛しんで眺めるような、法王の言葉の中に天国を
見つけて心から安らぎ救われたような、敬愛と慈愛と静かな平和で満たされた
澄み渡り優しさの極まった瞳で、また法王を見つめているのです。
私はこんなに優しい眼差しを今まで見たことがない。
本当に恥ずかしかったけれど、涙がどうにも止まらなくなってしまって。
カタリーナも同じに涙ぐんでました。写真展で涙を流すなんて信じられない。
とにかく、言葉では説明できないような気持ちが私を支配して、
ただ高ぶった気持ちがそのまま涙になっただけ。そういうことってありますよね。
教会や美術館で宗教絵画を目にすることは今までに何度もあったし、
美しさに感動することも多いけれど、キリストが伝えようとした教えが
全く異なる宗教の中で育った私には理解することがいつも困難で、
どちらかというと絵画の技法や美術的観点で評価しているような感じでした。
これらの写真は、全て事実だけれど、報道写真でも、技術的な写真でもない。
カトリック教徒の方には何と言われるか分からないけれど、
私にはこれらの写真こそが信仰だと思いました。
キリストの教えが人々の精神を救ったこと、今でも救い続けていること、
2000年経った今でも代々の法王がそれを伝えようとしていること、
人間は愚かしいことをするけれど、互いを愛し、違いを敬い、信じて正しくいること
が最も大切である。これらのことを、写真が十分に物語っていて、
だから私は、写真を前に心から安らいで、幸せな気持ちで満たされて、
人々の瞳の美しさに感動して泣いてしまったのだと思います。
キリスト教が今も多くの人々の精神の拠り所となっている所以を、氷山の一角のような
ほんの一部だけれど、それを垣間見たような気がしました。

私は、ここ小さな静かな町Gubbioで宝物のような感動を見つけました。

c0134035_4141548.jpg















私が一番好きな写真
[PR]
by dolcissimokurobe | 2007-10-21 22:11

Perugia近郊の街、Gubbioへ。

今週末は、SanMarino共和国とUrbinoに行くはずだったのですが、
ここPerugiaからの交通の便が悪く、そんなに遠くないのに5時間以上片道に
掛かることが分かって、今回は断念することにしました。

さてGubbioですが、同じUmbria州にある小さな町で、山の上に位置しているため
Perugiaのように沢山の坂道があり、高い丘に所狭しと歴史ある建物が群立していて、
静かで情緒ある雰囲気が漂う古い街並みが広がります。
清貧を重んじたフランチェスコ派の祖、聖フランチェスコゆかり地でもあり、
かつて町を脅かした狼に説教して町を救ったという伝説が残っています。
この町はそれこそガイドブックに載っていないようなところですが、
Informationで町の資料と地図をもらい町の概観を眺めていると、
訪ねたくなるような教会や美術館、史跡がたくさん!!
なだらかな山々に囲まれ、山の稜線が遠くなるほど遠近法のように薄らいでいく様。
広い空に盆地のような地形の場所に暖色系のレンガや屋根の色が映え、
建物に華を添える可愛らしい窓辺の花壇や陶器の絵皿達。
中部イタリア特有のこの景色が私は大好きです。

一番初めに訪れたのは、町で最も重要な場所、Duomo。
イタリアでは、どの町にもDuomoまたはCatedolareがあり、
大切な儀式ミサがある日だけでなく、日常祈りを捧げるためにも人々が
集まる場所です。Duomoの装飾や大きさは、町の現在の規模には関係なく、
かつての繁栄を如実に表すものです。
中世文字が読めない民衆の人たちにもキリストの教えが伝わるように、
たいてい内部は油絵やテンペラ画、フレスコ画で飾られています。
ステンドグラスや金で装飾された華やかで絢爛な教会もありますが、
イタリア独特の、優しい色彩のフレスコ画が好きですね。
個人的感想だと、大抵大切な内陣・後陣は豪華だけれど、面積の最も広い側廊は
意外に質素だという場合が多いように感じます。時にそれをアンバランスだなぁ
なんて罰当たりに思うことも。
でも、ここGubbioのDuomoは全てがうまく調和されてるんです。
豪華な部分と質素な部分の継目の役目を果たしてるのが、
カラフルで複雑な幾何学模様。側廊の壁、重要な絵画の周りには、
フレスコ画で窓辺に立つ聖人が描かれ背後には中世イタリアの風景が
広がっています。重要な絵画がより引き立つように計算されているわけです。
この他にも、SanFrancesco教会、SanDomenico教会を訪ねて、締めくくりに
この辺りで名産のCeramiche(陶器)の美術館にも足運びました。
陶器の絵皿は食べ物を載せたり、テーブルを飾るためのものというより、
宗教的な主題を扱っていたり、肖像画のように大切な人物が描かれていて、
絵画のように壁に飾られるためのものだったようです。
なかなか知られていないけれど、見所の多い町、Gubbio。
中部イタリアに来た際には、是非足を運んでみてください。c0134035_48226.jpg
[PR]
by dolcissimokurobe | 2007-10-21 21:54 | Il viaggio

ヤコブ主催・ミニパーティー

金曜の夜は、ルームメイトの中国人ヤコブがクラスメイトを我が家に招いて
ミニパーティーをするということで、私とカタリーナもお招きにあずかりました♪
ヤコブは昼に授業が終わると、家に直行して一人でパーティーの準備開始。
「何か手伝おうか?」とヤコブに聞くと、
にんまり笑って「中華料理だよ。静香は作り方分からないでしょ?」って。
そりゃ、ごもっとも。中国の自宅では、両親がいるから料理は全くしなかったという彼。
そんなこと信じられないほどの手際の良さ。一人でパパパっと6~7種7人分の料理を
作ってしまいました。Bravo!
中華料理だから油が飛び散ってはいけないと、私のエプロンを貸してあげました。
あらら、これまた可愛いのなんのって。本当に我が弟のような存在です。
料理の準備も終わり、彼のクラスメイトも到着。
2人の中国人と2人の韓国人。ヤコブとカタリーナと私、7人のパーティーです。
久しぶりの白米と、アジア的味付の料理。どれも美味しかった~。
みんながお箸を使っていたら、カタリーナも「私も使ってみたい!!」と早速練習。
みんなでお箸の持ち方や使い方を教えてあげました。
今回のパーティーはカタリーナを除けば全員アジアの国籍。
お箸以外にも、みんなでそれぞれの自国の話をカタリーナに聞かせてあげました。
やっぱり、国は違えど同じアジアの血が流れる者同士、
遠い西欧の国にいると不思議な連帯感があります。
それに、最近テレビも映画でも互いの国の番組が多く放送放映されているし、
雑誌や本、音楽も流布しているせいか、共通の話題も多く、
何だかものすごく盛り上がりましたね。
同時に日本の友人といるような安堵感もありました。
食事が終わると、今度はゲームが始まって、日本の大学生のような飲み会です。
ゲームで負けて、罰ゲームで飲む。自分が大学生だった頃の、
サークルでの飲み会を思い出します。
いやぁ、飲んだ飲んだ。笑った笑った。すっかりいい気分になりました。
時刻も夜中の12時をまわり、終バスを逃してしまった彼らを街の中心地まで送るため
ひんやり冷え込み静まり返った夜中の広い公園を横切り、ちょっとお散歩。
ここは明かりも少なく、みんなで見上げた星空はとっても綺麗でした。
ヤコブ、素敵なパーティーありがとう♪それから、お疲れ様!
[PR]
by dolcissimokurobe | 2007-10-19 23:55 | La vita in Italia