2009年 04月 25日 ( 2 )

したいこと。

旅をしたい。
のんびりと、一人で。

と、息抜きの本屋で、トマス・クック鉄道時刻表と視線が合って、そう思った。

5年前の一人旅でも、今回のイタリア留学にも
持っていったのが、このトマス・クック鉄道時刻表。
ヨーロッパ全土の鉄道を網羅している。

鉄道さえ繋がっていれば何処へでも行けるから
パラパラとページをめくっては、どこへいこうか考えるのが楽しかった。

天井の高い主要駅の構内に列車が滑りこむとき
あるいは、牧歌的な田舎の草原を走り抜けていくとき
合席した他の乗客とおしゃべりしてるとき
まだ知らぬ土地の駅のホームに降りるとき
何ともいえない喜びと好奇心が胸を満たす。

でも、今はいけない。当分おあずけだ。

代わりに、チェコの絵本と、パリの雑貨本、アフリカサファリの本を購入した。

いつかまた海を渡れると信じていればきっと叶うと思うから。
(仕事をやめるつもりはないから、1週間とか短い期間だろうけど)

私はやっぱり、旅をやめられそうにない。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-04-25 23:50 | Il cuore

自己嫌悪の原因

きほん楽天家、・・・・でもないか。
もともとちょっと考えすぎちゃうタイプかも。
「石橋を叩きすぎて、叩き割るタイプ」なんて書いてあった記憶もある。

ささいなことが重なって、ちょっと自己嫌悪に陥っていた。

でも、わりと復活した、と思う。

とどのつまり、努力してるような口ぶりで、大して努力できてない自分が
イヤになってたんだな、きっと。

簿記の勉強がそこまでつまらないわけではないけれど
所謂「課題」と言われるものが、どうも子供の頃から苦手で。
決して勉強が嫌いなわけじゃない。

現在、休日完全返上だし、ちょっと深呼吸が必要だったのかも。

実際、拘束時間が長い仕事以外の時間で、
勉強時間を捻出するのも、ちょっと覚悟が必要だった。

以前読んだ本に、「生活を変えることは容易なことではない。
ましてや、今の生活に新しく始めたことのために時間をさくことだって
容易ではないわけだ。
ならば、今までしていたことを一つやめればいい。
そこの空いた時間に、新しいことをするための時間をはめ込めばいい。」と、あった。

ということで、パソコンに向かう時間を減らしてみた。
その空いた時間を、簿記の勉強に充ててみて、一週間。

気が付いたら、ちょっと浮上している自分がいた。

こうやって、のんびり前に進んでは立ち止まって悩んで、また歩き始めるんだろうな。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-04-25 23:14 | Il cuore