2009年 02月 27日 ( 4 )

ひとりごつ

週2でもらっていた休みも、来月から学校が始まるので休日返上になる。
それでもまぁ、3月は学校が午前中だけだからまだヨシとして
5月は14回の全日通学。そんな生活も6月末までの辛抱。

やっと身体が慣れてきたとはいえ、さすがに早起きは辛く
まだまだ休日はマグロのように寝てます。

え?イタリア語?
え?ヒンディー語?
え?フランス語?
え?デッサン?
え?写真スクール?

ハイ、休日何もやってません。読書すらしてません。
あんなに豪語してたのに、いかんねぇ~。

休日まるまる遊べなくても
見捨てないでね。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-02-27 16:33 | Vita

鎌倉写真2

私もおみくじ引きました。結果は末吉。
まぁ吉のレベルはおいといて、書いてある内容に思わず納得。
先日叔父からもらったエールの言葉と同じでした。
c0134035_15373298.jpg


この頃、こんな私でも飲める日本酒の銘柄が増えてきました。
八海山と越乃寒梅と・・・。
c0134035_15414126.jpg


写真の構図を指示するおじさんに、ちょっと不服のおばさん。
素敵な夫婦仲です。
c0134035_15435170.jpg


c0134035_15453612.jpg


やる気ないね。
c0134035_1546786.jpg



お寺の庭木に雨露がたまり
それが明かりで照らされて宝石ように煌いてました。
c0134035_15463246.jpg

[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-02-27 15:48 | La fotografia

鎌倉写真

読書は、言葉の肉となり血となる。私も読まなきゃ。
c0134035_15264952.jpg

(ちなみに、電車の中からこっそり撮影。
最近肖像権とか何とかで益々人を撮りにくくなってイヤですね)

c0134035_15295924.jpg


冬の花もまた美しく。
c0134035_15305044.jpg


鎌倉では昔ながらの商店がまだまだ頑張っています。
そういう商店こそ、鎌倉の雰囲気を作ってるのかもしれませんね。
c0134035_15315347.jpg


喫茶店のおばさんオススメの光則寺。
簡素でひっそりと静かな佇まいでした。
c0134035_15333650.jpg

[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-02-27 15:36 | La fotografia

鎌倉

先日、春一番が吹いたかと思ったら、また冬に逆戻り。
冷込みの厳しい日が続いています。
この間まとめ買いした春服を早く着たいものです。

まぁ、それはさておき。
こんな寒空の中、鎌倉まで行ってきました。
今回お供してくれたのは、12月のパリ旅行で友達になった大学生の心裕くんです。
15歳の頃からギターを握り、旅の間でノっているときなど、
1ヶ月で5曲も作曲してしまうというツワモノです。純粋な人柄が印象的でした。
いつか音楽と写真の展覧鑑賞会を日本の喫茶店で開けたらいいね、と
意気投合して以来、すっかりお友達です。

港町や下町はもちろんのこと、鎌倉や京都、奈良などの古都も大好きな私です。
それに鎌倉は、私にとっていろいろ思い出のある場所。
雨の鎌倉は、しっとりとして美しかった・・・と言いたいところですが
いやぁ、寒かった~~~~。
気が付いたら、相棒のガンちゃん(一眼)がびしょ濡れ。
お寺めぐりも良かったのですが、身体が芯から冷えて
ちょっとレトロで雰囲気のいい小さな喫茶店に逃げこんで、
熱いコーヒーのカップを両手で包みながら、冷えた指を温めました。

沢山の箇所は周れなかったけど、
喫茶店のおばさんや、途中で出くわしたイタリア人の旅行者とお喋りしたりして。
そういう時間って好きです。
下町とかによく見られる、知らない人同士でもあまり壁がない、
きさくに話しかけ合う性質っていいですよね。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-02-27 15:25 | Vita