2009年 01月 09日 ( 1 )

ただいま

悲しい涙でも
辛い涙でもない。

遠くなってしまった場所を思って切なく、
でもそこは陽だまりみたいに輝いていて、その場所を思うと
すぐにでも幸せな記憶が溢れるように蘇る。

心が意外に落着いてるなんて言ったけど、うそ。

鉄道に乗って、一人になった途端、堰をきったように、
笑顔をはりつけていた私の表情の上を涙が流れ続けた。
ウンブリア州の駅が車窓から流れていくときも
飛行機の窓からローマの夜景がどんどん小さくなっていくときも
感情が高ぶるでもなく、静かにゆったりと止めようもなく流れる涙。

友達の家に向かうサンエルコラーノの坂道も
霞がかるペルージャの街が見渡せるカルドゥッチ公園も
星降るようなコルソヴァヌッチのイルミネーションも
当たり前に呼吸していた場所が、もう手が届かないくらい遠い。

イタリアでの私のマンマだった大家さんも
我が家のわんこも、にゃんこも、
ペルージャで知り合った友達も、大学の先生達も
Barのおじさんも、ピザやのおじさんも、
みーんな大好きで泣けてくる。
大好きなのに会えないから泣けてくる。

みんなに会いたい。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-01-09 11:03 | Il cuore