2008年 10月 16日 ( 4 )

ポルトガル・ロカ岬(ユーラシア大陸最西端)

リスボンからバスで、チョチョイノチョイと来てしまったロカ岬。
一応記念で「最西端到達証明書」を発行してもらいましたが
やっぱり、サンティアゴの巡礼事務所で発行してもらった
巡礼証明書とは重みが違いますね。
c0134035_135057.jpg


























Aqui...onde a terra se acaba e o mar começa.
「ここに陸尽きて海始まる」いい言葉ですねー。
何事も終わりがあるから美しく、
ひとつの事が終わっても、また次の何かに続いてるわけです。
c0134035_136289.jpg
[PR]
by dolcissimokurobe | 2008-10-16 01:43 | Il viaggio

おいろけ

ファドを聴きにいったバーの片隅で。
赤い灯の下で出番を待つ女性の歌い手。おいろけムンムンです。
「女」をアピールするのは私の苦手分野。
私にはとうていマネなんて出来なそうだから、こうして写真に収めるだけでいいのです。

c0134035_1293054.jpg
[PR]
by dolcissimokurobe | 2008-10-16 01:37 | Il viaggio

リスボン2

スペイン・サンティアゴから、バスでリスボンまでたどり着いたのはいいけど
宿が見つからない!!!
あやちゃんと二人で寝袋を抱えて、まるでピンポンダッシュのように、
リスボンの街のペンサオンを片っ端からあたっていった。
最終的にはやっとこさ宿が見つかって一安心。
街の外れだし、お湯も出ないようなところだったけど、これもいい思い出。
おかげで、イワシの塩焼きと海の幸スープがとっても美味しいレストランを
見つけられたから。
c0134035_1185552.jpg
[PR]
by dolcissimokurobe | 2008-10-16 01:19 | Il viaggio

哀愁の街リスボン

ヨーロッパの街に漂う空気には香りがある。

ヨーロッパ10カ国旅をしたけど、それぞれの国にそれぞれの香りがある。
空気の色、香り、音。肌に触れる風、おでこにあたる陽の光。

根本的に影のない性格の私には
(真面目らしいけど、シリアスではないみたい。つまり単純ってこと!)
哀愁の香りがする空気には、その空気の中に溶け合うというよりは、
元気一杯イタリア産の太陽を受けた心が、哀愁に免疫がないせいか
化学反応を起こして、きゅ、きゅ、きゅーーーーんとなる。わかる?

リスボンの街を包む哀愁の香りは、どこか東欧思わせるもの悲しさがあるのに
それだけじゃない。
もっと広い世界の、大航海の、いや、そうじゃなくて、
アラビアとか、インドとか、日本とか、ヨーロッパと全く違う異国の空気が
エキゾチックに混じりあってる感じ。
そう、私の大好きな港町長崎に少し似ているような。
遠い遠い東の果ての日本の香りを、ここ西の果てのリスボンで感じるなんて
世界は、本当に近くなったものです。

発見のモニュメント
c0134035_0432655.jpg



























ずっと乗りたかった路面電車。
リスボンに着いてから「乗りたい、乗りたい、乗りたい」を連発。
昔から路面電車&港町の組み合わせが大好きなんです。
c0134035_164731.jpg
[PR]
by dolcissimokurobe | 2008-10-16 01:09 | Il viaggio