一人暮らし終了

私の人生最初で最後の(?!)一人暮らしが終了。
大家さん家族が今日、夏の間過ごした別荘から帰ってくる。
スペイン巡礼で1ヶ月空けていたので、1ヶ月ちょっとの一人暮らしだった。
大学生のとき、大学が遠いから一人暮らしがしたいと両親に一度懇願したことが
あるけれど、どうやら当時の私の顔に「遊びたい」と書いてあったらしく、
あっさり却下された。卒業後は仕事が忙しく、むしろ自宅からの勤務が
有難かったので、ここイタリアに来るまで、親元を離れたことがないまま30年間
を過ごしてきた。イタリアでこそ、初の一人暮らしを!と思っていたけれど
結局、こうしてイタリア人家族と一緒に住んでいる。
だから、夏の間の1ヶ月だけ。
夜遅く、あるいは明け方に帰ってきても、誰からも、何にも言われない。
友人を呼んで、グラスを傾けながら、テラスでとびきりの夕焼けと夜景を
ゆっくり眺めたり、カレーパーティしたり、友人の髪を切ったり、一緒にご飯を作ったり。
きっと、他の人には普通のことなのだろうけど、私にはずっと憧れ続けた生活。
もう子供じゃないから、そんなに羽目を外すことはないけれど、
家で過ごす一人の時間が、いつもより特別素敵に思えた。
音楽を聴きながらゆっくりバスタブにつかることも、
エスプレッソを二人分入れてたっぷりのミルクを混ぜたカフェラテをボウルで飲むことも、
取り込んだ洗濯物を抱きしめて石鹸のにおいを吸い込むことも、
朝いつまでもベッドから抜け出さずに、伸びをして枕に頬ずりすることも、
全部、特別に思えた。
たまに荷物を取りに帰ってくる大家さんに「寂しくない?一人で怖くない?」と
聞かれたけれど、ぜーんぜん!Proprio niente!!(とは言えないけどね)
あんまり自由で楽しくて、1ヶ月以上続いたら病みつきになっちゃうから、
この辺で終わりがいいのかもね。

と、日記を書いてたら、玄関で元気なワンコの声。
イサベラとスージーだ。
亀のカロリーナと、新メンバー、ネコのミンモと一緒に
大家さん家族が帰ってきた!
おかえりなさーい!!
[PR]
by dolcissimokurobe | 2008-09-20 18:11 | La vita in Italia
<< 夏の思い出 -白黒写真館1 心の準備 >>