Cioccolato d'amore

文化概観と演習の授業担当のMarica先生が
授業の一環として、Peruginaの工場見学ツアーを企画してくれました。
Peruginaと言うと「?」と言う方も多いと思います。
Peruginaとは、イタリア屈指のチョコレート菓子Baciを製造している会社です。
昨今、本社は本国にあれど、製造は外国に委託している食品メーカーが多い中、
このPeruginaは全てイタリア内の工場で商品を製造しています。

さてさて、「Baci」ならご存知でしょう。
イタリア旅行をしたことがある方は、きっとイタリアのいたる空港で
箱詰めで販売されているこのチョコレートを一度は見たことがあると思います。
一口サイズの小さいDolceで、下層がプラリネ、上層にちょこんとナッツが乗っていて
チョコレートでコーティングされています。
昔読んだ本で、イタリア男性は、バレンタインに女性にプレゼントを渡すとき
可愛い小物や下着に、このBaciを添えるみたいですよ♪
なんてロマンチック♪♪

このBaciと言う名前、イタリア語で「Kiss」の意味があります。
「Baci」は複数形で、単数だと「Bacio」です。
この商品が誕生したときは、その形状から「Pugno chiuso」(げんこつ)
なんて名前がついていたそうですが
数十年前に名前が変わりました。
菓子店にチコレートを買いに来た男性が、女性の店員に注文するとき
「Signorina, Cazzotto, per favore」
(お嬢さん、げんこつ(パンチ)下さい)
これではあまりにロマンがなさ過ぎるので、名前を「Bacio」に変えたという
エピソードがあります。
確かに「お嬢さん、キスを下さい」と言うほうが素敵ですよね。
こんなやりとりも、実にイタリアらしい。

さらに、工場見学では、誕生秘話だけでなく過去から現在のCMも見せてもらいました。
CMもイタリアらしくユーモアたっぷりで洒落ていて面白かったですよ。
ギャラリーには、シリアルナンバーの入った、初期のBaciを包んでいた紙が
額に入れられて展示されていました。
そこには、女性がにんまり微笑んでしまいそうな、愛の告白のための一言が
一つ一つに書かれていました。

誰か、私に愛の詰まったチョコレートをPer favore!!c0134035_18464795.jpg
[PR]
by dolcissimokurobe | 2007-10-26 13:21 | Il viaggio
<< カタリーナの送別会 Gubbioのローマ遺跡 >>