イベント多し我が街の秋&Spoleto旅行

今週後半はよく遊びました。何だか恋人同士のようにカタリーナとはいつも一緒ですね。
毎晩交代で晩御飯を作りあって、夕食を楽しみながらワインを飲んでドルチェをつまんで。すぐ裏の大きな公園で音楽を聴きながら、ブランコを高く揺らしお互いの国の話をしたり、恋の話をしたり。
木曜、金曜の夜は、カタリーナとクラスメートで仲良しの台湾人の女の子と
大学主催の映画上映とピアノの連弾のコンサートへも繰り出しました。(もちろん無料!)
コンサートを楽しんだ後は美味しいピッツェリアでおなか一杯ピザをほおばって、
ワインですっかり酔って上機嫌の私たちは、さらにジェラテリアとバールをはしご。
国も宗教も言葉も違うのに、3人ですっかり意気投合。こういうのってすごく楽しい。
おかげで、寂しくなることはほとんどなくなりました。
そりゃあ、母国語で固まれる人たちもちょっと羨ましいですけどね。
c0134035_1984920.jpg



























そして、今日はカタリーナと近郊の街、Spoletoに行ってきました。
Perugiaからは電車で1時間ほどの歴史ある街です。あまりガイドブックには載って
いないかもしれませんが、美術書で読んで以来いつかは訪れてみたい街の一つでした。
街の情報がほとんどない私達はどこに何があるのかも知らず、とりあえずCentro
目指して歩きました。すると、いきなり視界が開けて、高い丘の上に
Castello(古城跡)が悠然と視界に飛び込んできました。「おお~~!美しい~~!」
公園で手作りサンドイッチをつまみ、ジェラートを食べて腹ごしらえしてから軽く登山。
高台まで来ると、オレンジ色のレンガ作りの街が一望できます。さらに裏は断崖で
はるか下には川が流れていました。谷あいを流れていく涼しい風がとても心地いい。
展望台で二人で街を見渡していると、すっかりカタリーナは気分が良くなったらしく
歌い始めました。さすが歌が好きと言うだけあって綺麗な声。
カステッロの中庭に面した回廊に描かれたフレスコ画を堪能した後、少し下って
Duomo(大聖堂)にも足を運びました。Duomoの前には調度いい広さの
Piazza(広場)があってそこから長く緩やかな階段が伸びていていました
訪れた観光客は誘われるようにゆっくりと一歩ずつ歩を進めて
敬意を払いながら、眼前に迫る陽を浴びファサードの金のモザイク装飾が
煌めくDuomoに近づいていきます。中に入るまで知らなかったのですが、
なんとこのDuomoにはあのフィリッポ・リッピの大きなフレスコ画があったんです。
聖母マリアが戴冠される場面を主祭壇の上部に堂々と描かれていました。

すっかり秋が到来し、木々の葉は赤く色づき、カサカサと乾いた音を立てながら
地面を踊っている黄金色の枯れ葉達。こういう静かな街をのんびりと歩き、
ちょっと覗いた教会で美しい絵画に出会えると、本当に贅沢な気持ちになります。
イタリアに到着してから2週間が経ってもなかなか心から気が休まらなくても
こんな風に美しい街を歩くと、やっぱりイタリアに戻ってきてよかったと思いますね。
さてさて、大分長くなってしまいました。
来週は、またまたカタリーナと小旅行に出かけます。
次回は、切手で有名な世界で5番目に小さい共和国SanMarinoと、
ルネサンス時代の芸術家達が集った歴史ある街、Urbinoを訪ねます。
ちなみに、今日はこれから、Perugiaで開催されるチョコレート市に出かけます。
世界中から観光客やバイヤーが大勢詰め掛けてとても賑やみたいですよ。
恐らく今日も宿題は出来ないでしょう・・・・。ああ、やばい。
c0134035_199328.jpg

[PR]
by dolcissimokurobe | 2007-10-13 19:05 | Il viaggio
<< Spoletoの秋・続き Spoletoの秋 >>