イタリア留学にあたって

「そもそも、なんでイタリアなの?」とたまに聞かれることがある。
なんでって、話すと長くなるんだけど・・・。
一言で言えば「好きになっちゃった」これだけである。

初めてのデートで、待ち合わせに現れた彼が、想像していた以上にハンサムで
コーヒ飲みながら話し始めたら、ところどころひっかかるところもあるんだけど
生き方がかっこいいというか、意外に熱いハートを持っていて。
家に帰ってからも、頭の中は彼のことばかり・・・。こんな感じ。

しかも、イタリア君をもっと知りたい!もっと仲良くなりたい!と
彼の言葉を勉強し始めたら、彼を取り巻く友人や生まれ育った環境や
その人生、その美しさを維持する努力に触れて、ますます好きになっちゃった。
美しくて、柔軟で、人間味に溢れてて、芸術を愛して、多才で、そして頑固でもある
イタリア君って本当に味わい深いのね♪

もういい加減にしろって?すみません。

今まで訪れた十数カ国のうち、イタリア君ほど何度も会いたくなる国は他にない。
何度訪れても満足することがない。
ここまで惹きつけるイタリア君の魅力とは何なのか?!
つまり、今回の留学は(たった一年だけどもさ)、
「私だけのイタリア君の魅力を探る!」が目的でもあるわけだ。

付き合ってみたら、鼻につくことがもっともっと出来てきて嫌いになるか、
はたまた、その魅力の奥深さにさらにハマってメロメロになるか・・・。
行ってみなきゃ分からない!

窓ガラス越しなんていや!いいところだけ、さささっと見るのもいや!
イタリア君のかっこいい外見だけで恋するなんて私らしくない。
イタリア君が少しでも本当の笑顔を私に見せてくれるように
そのために言葉を勉強したのだもの。

1年3ヶ月という短い期間だけど、一日一日を大切にしよう。
イタリア君と、自分らしいお付き合いが出来たらいいな。


(イタリアを好きになった理由は、年始に「父への手紙」で
長々と超真面目に書いたので、今回はちょっとふざけました)
[PR]
by dolcissimokurobe | 2007-09-21 00:27 | Il cuore
<< さて いつも傍にいてくれた人の顔 >>