早いもので

愛犬くろべぇが天国に旅立ってから、
明日でもう1か月になります。

あれから数日、家にいると何をしていても
涙が出てきてしまう日々でしたが
ようやく家族みんなも、笑ってくろべぇとの思い出を話せるようになりました。

今では、ダイニングに貼ってあるくろべぇの写真に
家族は「おはよう」とか「おやすみ」とか言って
なでなでしてから自分たちの生活を送っています。

それでも
今日は休日だったので、明日のために
くろべぇが好き嫌いを克服した小さなりんごの実をつけた小さな花束と
くろべぇが大好きだったさつまいものお菓子を買いに出た帰り道に、
あのとき、最後の心音が消えていったときの感触を
まだ手が覚えていて、バスの中で涙が浮かんできてしまいます。


今日は、ひとつ新しいことを始めるスタートを切りました。
まだみんなには内緒ですけど。

イタリア留学を夢見ているときに
友人が言ってくれた言葉がまた今日背中を押してくれました。

「真心から出たものは必ず相手の心に届く」

どうか、くろべぇに「ありがとう」の心が届くように、
またいつかくろべぇに会えるように、
自分なりに頑張ってみようと思います。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2011-11-07 22:34 | Vita
<< 土に還した日 ルミネ有楽町 >>