アメージング・インド

今朝方、インド旅行より戻ってきました。

インドの残像が鮮烈すぎて
幻想とリアルの区切りがつかず、
一夜の夢でも見ていたようでもあり
あるいは、
もうだいぶ前の記憶のようでもあり…。

世界中から、
人と動物と、車とバイクと自転車と、
宗教と思想と、熱気と怠惰と、騒音と色彩と、
ありとあらゆるものが集まって
泥水と一緒に洗濯機にでもかけた、
そんな渦の中に飲まれた1週間だった気がします。

それでも、おそらくインドの100分の1も
見ることができなかったのではないかと。

写真どころか、目を向けるのも躊躇うこともあったけれど
いつも観光者という分厚いガラスの手前から
見ていただけだったから。

おなかを壊そうが
目をつぶってしまおうが
もっとインドを覗いてみたかった。

きっとまたいつか訪れる国だと確信している
というのが素直な感想です。

8/4 成田発 →夕刻デリー着
   ニューデリー駅より夜行列車で、ガンジス河の聖地バナーラスへ
8/5 朝バナーラス着
   沐浴場(ガート)よりガンガー(ガンジス河)を臨む
   夜、ガートで行われるプージャー(礼拝)を
8/6 迷路のような小路を抜けてお買いもの
   サリーの生地を購入
   バナーラス駅より夜行列車で、タージマハルのあるアーグラーへ
8/7 朝、アーグラー着
   宮殿ホテル・オベロイリゾート泊 
   タージマハル、アーグラーフォート、ベビータージ観光
8/8 アーグラー駅よりデリーへ
   バナーラスで購入した生地を仕立て屋さんに持っていき、採寸・仕立て依頼。
   遺跡クトゥブ・ミナール観光
8/9 朝、まだ目覚めきらない街を散歩
   チャウリ・バザール→ジャマー・マスジット→ミーナ・バザール
   ラールキラー(閉館のため外から。残念!)→フマユーン廟
   カーン・マーケット(デリーの「銀座」らしい)でお買いもの。
   出来上がったサリーを受け取り、ご満悦の帰国
8/10 朝、成田着


c0134035_2145191.jpg

[PR]
by dolcissimokurobe | 2011-08-10 21:46 | Il viaggio
<< インド~ イタリア料理教室スタート >>