2年ぶりに聴くCD

PC作業するには、音楽が絶対必要。ただしPOPSは駄目。

さて、なんの音楽にしようかな~。

部屋のCD棚を指でなぞる。

夏だし、キューバ音楽でも聴くか。
2年前イタリア(なぜか)で購入したCDだ。

大家さん家族は別荘住まいで、お気に入りのあの家を独り占めした夏。
旧市街の家には、基本的にクーラーというものはない。
焼け付くような日差しの昼間だとしても、夜になると、窓を開けただけで
心地よい風が部屋に吹き込むので、クーラーなんかいらないのだ。

広い部屋にはオレンジ色のライトが一つ。
テラス付きの大きな窓からは、夜気とともにしっとりとした暗闇が部屋の中に入り込み、
オレンジ色の明かりと、穏やかに溶け合いながら部屋の中に陰影をつくる。
夏の夜の熱っぽさが肌の上を這う感覚が好きだった。

濃いエスプレッソとミルクを、氷の入ったグラスに注ぐ。
夏の夜気のように、濃密なエスプレッソの香り。
汗のような水滴がオレンジのライトに照らされたグラスを傾けて
熱を帯びた喉に流し込むとカランと氷の音がする。
キューバ音楽をかけて、ひとりキッチンでのんびり料理をしていた。


そんな思い出に浸りたかった。




しかし、こうしてクーラーのきいた部屋でPCに向かい
同じ音楽を聴き、同じようにアイスラテを飲んでも
なんつーか、まるで別物。

キューバ音楽がしっくりくる、
あのねっとりとした香りのある夜気がここにはない。


ちょっと残念。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2010-08-19 00:28 | Il cuore
<< カンボジア旅行 ハマってます。 >>