デパ地下

今日は、出来立てのMYミニ写真集を持って親友が働く伊勢丹へ。

久しぶりの新宿・伊勢丹。

伊勢丹って、ブランド意識のイメージが強い。
実際の需要比率はまだ高くないけれど、ハイランクのライフスタイル提案の牽引力や、
オンリーアイ商品の打ち出しで、
クォリティとエクスクルースィヴで「イセタンブランド力」のイメージを確固と消費者に与えていると思う。

漬物とダイニング・キッチングッズのフロアが直接的に関連がなかったとしても
ブランドイセタンが、今後、『住』における日本人のライフスタイルをどう分析しているかを
観察することができる。
今後、一般家庭の1食卓当たりの椅子の数はいくつになるのか。
食事は、核家族向けのものから、さらに個食へと傾いていくのか。とかね。

『衣』・『住』についてはもちろん、『食』においても
現在の需要があるなしではなく、その業界の斬新的・革新的なものを
次々に発表しようとしていて、それはまさにモードの世界。

今日はB1Fの甘の味ゾーンを覗いたのだけれど、
追分だんごや新宿中村屋、栄太郎総本舗など
誰もが聞いたことのある日本の庶民的菓子メーカーが
菓子の新境地を作ろうとしていた。

まさに「リップグロス」なチューブ入り水飴は、ラメがきらめく箱に入り
3色並べば、それはもうコスメボックス。

ポップなカラーのお団子は、5種類のディップソースが選べて
パッケージされると、まるでフランスのボンボンみたい。

日本酒のジュレ・フルーツ・、寒天が透明のジュエルボックスに小分けされたあんみつは
ピンクの花びらゼリーと金粉がきらめいて、これまた女心をくすぐる。

バレンタインを控えて、チョコレートに合う日本酒も発見。
家に帰って、カカオ49%のダークチェリー入りチョコと合わせて飲んでみる。
これが意外にも美味。チョコと日本酒が合うなんて。

日本人の食に対する欲求は、本当にボーダーレスだ。
国境も標準も既成概念も、どんどんなくなっている。
菓子がまるでコスメやジュエリーであり、
また日本の伝統菓子が外国の菓子の様相をしている。
あるいは、今まで住み分けられていたもののコラボレーション提案。

ただこれらが自家需要で選ばれるとは思いにくい。
うちの商品でも「美味しい」「面白い」だけでなく
ワンランク上のライフスタイルを提案して、
現在の漬物のボーダーを越えるものが出来たらいいな。



写真撮ってUPしようと思ったけど
全部食べちゃった!
[PR]
by dolcissimokurobe | 2010-01-21 23:40 | Vita
<< 1/3 経営塾修了。 >>