思い降る

親友かなちゃんとともに過ごした年月も、もう9年。
かなちゃんと一緒に旅した回数は、20を数える。

いろんなところへ一緒に行った。
いろんなことを話しながら、
いろんな乗り物で、
いろんなものに出会いながら
二人で沢山旅をした。

その二人の記憶を、彼女は心を込めて、手間を掛けて
一冊の本にしてくれた。

どのページも懐かしく、
その時の切符や、写真を眺めては、
二人の思い出は溢れる。

友人の喜ぶ顔を思い浮かべながら、
どんな手間も厭わず、
気持ちを、思い出を形に残してくれる彼女を
私は、これから先もずっと
尊敬するだろう。

かなちゃんが私に与えてくれるものは
いつだって、とてつもなく大きい。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-08-26 23:30 | Vita
<< オールナイト新宿 Kusatsu-Concerto >>