イタリア中部地震

4月6日日本時間未明、M6.2の地震がイタリア中部ラクイラを襲った。

友人のメール、日記によるとペルージャではほとんど被害がなかったようなので
少し安心していたのだけれど、イタリア国営放送Raiのニュース番組に映し出された
倒壊した歴史的建造物の瓦礫の映像を見てショックを受けた。

死者の数は増加し、260名を超えたと言う。

火山国とは言え、日本と違って変動しやすいプレートの上に位置しているわけではない
イタリアでは地震はそう頻繁に起こるものではない。
天災を免れてきた16、17世紀の建物が多く残る歴史街。
伝統を残す美しい街並みが、今回の大地震で人々を下敷きにしてしまった。

また、Raiのニュースでは、
かつての大地震の惨事から地域の人々が結束して見事復興を遂げた神戸に学べと
日本の最新耐震技術と意識が報道されていた。

災害が残した爪あとは深い。
でも今日の経験と知識がきっと、
一人でも多くの未来の被害者を救うのだと思う。

今回の地震での被害者の冥福と
美しきイタリアの歴史ある街の復興が一日でも早からんことを祈ります。
[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-04-09 23:07 | Il cuore
<< イコン?! 学校のない休日 >>