改装願望

あやちゃんと友達になって、かれこれ4年になるのだけど
我が家にお招きするのは、これが初めて。

4年前帰国後に、あやちゃんちを訪問したときに
すっきりとしていて、品と教養の香りが漂うお宅に、ちょっと感動した思い出がある。
クラシック音楽をかけて、お昼にワインをたしなむお父様にもびっくり。
100歳になる女流画家のお話を聞かせてくれ、
これから先の自分のあり方のヒントをくれたお母様もさすがとしか言いようがない。

ヨーロッパを愛して、音楽とバレエと文学に造詣が深い
あやちゃんがこうして生まれたのかと、一人納得してしまった。

そんなあやちゃんを、こんなに生活感に溢れた和洋折衷の我が家に
呼んでいいものだろうかと、慌てて家中の片づけを始めた。

こんなところで、スペイン巡礼での経験が役立つとは思わなかった。
いやぁ、捨てられる、捨てられる。
どうしてこんな不要物を後生大事に取っておいたのか、首を傾げてしまう。
(人からもらった手紙と写真だけは絶対に捨てないよ!)

巡礼中、普段いかに不要なものを抱え込んで生活してるのか思い知らされた。
ものを多く抱え込むと、何から使用していいか分からない、
何を中心に据えて見せようか分からなくなるのだ。
結果、一つ一つの要素を台無しにしているのだと思う。

付け焼刃的な片付けでは、家中がすっきりするわけもなく、
その場しのぎで終わってしまったけれど、
いつか経済的に余裕が出来たら、大々的に我が家を改装したい。

全体的にすっきりしているけれど、一つのものに目を向けると
家主の好きなものや主張がうっすらと伝わるような
手にとった人の冒険心や好奇心をくすぐるような、
そんなワクワクが詰まった家になったらいいなと思う。

おじいちゃんが建てて、パパが譲り受けたものだから
私もまた大切に使って残したい。


PS・巡礼の同士あやちゃんと飲みにいって、パパさんとっても嬉しそうだったよ♪
   また来てねー!
[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-02-09 22:11 | Vita
<< 30代の海も上手く泳いでいけるかな。 帰国後 初デッサン >>