ともだち

いまさら言うことでもないのかもしれないけど、
歳を重ねるたびに、「友達っていいなぁ」とつくづく。

言語とか、国籍とか、性別とか、年齢とか、
そういう所謂カテゴリとは何の関係なしに
相手と心が通じ合うこと。

自分の気持ちが通じたとき
相手の気持ちが通じたとき
何ていうか、言葉にならない嬉しさがある。

出会う喜びが大きいから、子供の頃から
人見知りってしないんだよね。

新しいことを始めれば、新しい世界が待っていて、
自分を磨いて一段高みに上がると、素晴らしい友達とまた出会える。

一人で過ごすのが苦手なわけでもなく、
無理に連帯感を持ってるわけでもない。
向き合ったときに、一人の人として大きな魅力があるから。
離れていても、なかなか会えなくても、友の代わりになる人は絶対にいない。

せっかく出会っても、人見知りなんかしてたら勿体無い。
やっと出会えたんだもの。


カタリーナとの出会いもそういうものだった。




クラクフで1年2ヶ月ぶりの再会。
私に街案内するため、イタリア語で事前準備していてくれたそう。ありがとう。

c0134035_16543793.jpg


雪に書いた二人の名前。
c0134035_16555244.jpg


おにいちゃんと一緒にクラクフ駅まで見送りに来てくれた。
鉄道のステップから二人を撮った。だって、そうでもしないと涙が止まらないんだもの。
またすぐ会えますように・・・。
c0134035_1658290.jpg

[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-01-31 16:58 | Il cuore
<< 月もかわり・・・ Natale Europeo2 >>