2009年 私生活の楽しみ

イタリア帰国前と帰国後で、時間と場所が交差してごめんなさい。

スペイン巡礼以来、久しぶりにあやちゃんと東京で待ち合わせ。
こうして東京で再会するのは、2年ぶりになるのかな。

巡礼中歩きながら散々いろんな話をしていたから
今更近況報告もないのだけど、紅茶を飲みながら
二人思い思いのことを話していたら、二人の会話の方向は
これから先のことへ。

思い出話もいいけれど、やっぱり思い出の中では生きられない。
未来のことを考えると、不安が次々と顔を出すときもあるけど
ワクワクとドキドキが詰まってるのは、やっぱり未来だ。

5年前に描いた未来予想図は、あっさりと描きかえられた。
今、未来を語るのは楽しいけれど、それもきっと描きかえられるだろう。

変わらない自分の中の核を持ちつつも、少しずつ自分を変えてきたのは
「知る」という行為に他ならなかったと思う。
「知る」ためには、今いる世界から自分が知らなかった外の世界を覗いてみること。
外の世界とは、ただ「外国」を定義するのではなくて、
自分の興味が向き始めた新しいもの全て。

新しい世界の開拓に同士がいるのは心強い。

気がつけば、開拓の同士あやちゃんとお揃いの本を持って本屋のレジに並んでいた。

c0134035_1664150.jpg

いつ叶えられるか分からないインド巡礼の身体ならしに日本を歩こう!日本を知ろう!
ということで、まずは東京。次に東海道→熊野古道→四国巡礼。
日本だから数年に分けて達成できるけど、一体何年かかるかしらねー?
[PR]
by dolcissimokurobe | 2009-01-17 16:09 | Vita
<< 失敗もまた楽し イタリアの王子様 >>